フコイダンと代替医療の関係


フコイダンにはガン細胞に選択的に働きかけて細胞死に導く「アポトーシス」作用を有することが明らかにされており、抗ガン・制ガン作用に顕著な効果が見られます。中でも特筆すべきは、フコイダンにはガン細胞に選択的に働きかけて細胞死に導く「アポトーシス」作用を持つことが明らかにされていること。

1996年の第55回日本癌学会において「海草類に含まれる多糖類の一種であるフコイダンは、正常な細胞はそのままで癌細胞だけをアポトーシスに追い込む」という画期的な発表が行われ、フコイダンが一躍脚光を浴びるきっかけになりました。

アポトーシスとは「細胞が自らを死なせてしまう」メカニズムのことで、フコイダンがガン細胞に対して直接増殖を阻止して消滅させながら、正常細胞にはまったくダメージを与えないことが確認されたのです。

つまりフコイダンには、ガン化してしまった細胞を自滅させるパワーがあるのです。その後の研究では、万一フコイダンがアポトーシスの誘導に失敗した場合、フコイダン自らがガン細胞に対して直接攻撃をしかけていく事も解明されてきています。


免疫力アップで、自然治癒力を高める。

フコイダンには免疫力賦活化作用があり、人間の自然治癒力を正常化することで体の様々な不具合を改善。アレルギー、生活習慣病の予防などの効能も分かっています。

人間は本来、病気やけがに対して自分で治そうとする力(治癒力)を持っています。血液中のリンパ球がその免疫系の中心としての役割を担っており、リンパ球の病気に対する攻撃力が高いほど病気にかかりにくい、あるいは病気に対する抵抗力が強いと言えます。

フコイダンには免疫力賦活化作用があり、服用していくと腸表面近くに存在する良いものだけを積極的に取り込もうとする細胞から吸収され、血流により全身に伝達され、免疫担当細胞にも伝えられます。

さらに、吸収されなかったフコイダンも、小腸表面を通過する際に「腸管免疫」に刺激を与えて活性化し、これによって免疫力が高まるのです。今注目の代替医療としての「免疫療法」は、この免疫システムに着目した療法。これは、リンパ球の持つガン細胞を殺す能力を高める、すなわち免疫能を高めることでガンを治療していくというもの。

強力な抗ガン作用を持つフコイダンを服用していると、体の生体防御力を活性化させ、自然治癒力の回復・向上、体質の改善等が緩和されることも分かっています。


さらに広がる効果とその可能性に高まる期待。

胃潰瘍や胃ガンと言った現代病に効果が実証されているフコイダン。フコイダンは胃に入るとその強力なヌルヌルパワーで胃の粘膜を保護、さらに炎症部分に働きかけて修復することが分かっています。さらに、尿酸値の抑制など、多くの症例で改善の報告がされています。

フコイダンの持つ硫酸基が胃の粘膜を刺激して、胃を活発に動かしてくれるのです。特に、胃潰瘍や胃ガンの原因の一つとして問題視されているピロリ菌を、その硫酸基が吸い寄せて排出することも解明されています。

その他にも痛風の原因とされる高尿酸血症や高脂血症の改善など、多くの症例で改善の報告があり、まさしくオールラウンドプレーヤーとして期待が高まるフコイダン。フコイダンを飲用すると、いずれも早期に効果が報告されるなど、世界中が待ち望んだものと言えます。

疲れにくい、肌のつやが良くなった、食欲が増した、目覚めがよい、便通が良くなった、冷え性が改善した、血行が良くなった、むくみが取れたなど、多くの報告がなされています。